ささみローストのオープンサンド

ささみソーセージミネストローネ

ポイント>>>>>

パルメザンチーズで味とカルシウムがアップ!

パルメザンチーズは、粉チーズとしてよく使用されていますが水分が抜けた分たんぱく質やカルシウムが凝縮しています。

チーズの旨味成分は昆布と同じグルタミン酸です。

グルタミン酸はイノシン酸と組み合わさると旨味の相乗効果があります。

鶏肉はイノシン酸を多く含むので、ささみローストとパルメザンチーズは美味しい組み合わせという事です。

栄養成分
エネルギー 317Kcal
タンパク質 35.2g
脂質 7.3g
炭水化物 26.7g
塩分相当量 2.8g

材料(1人分) 作り方
ささみロースト 2本
食パン(8枚切り)1枚
プリーツレタス 適量
卵 1/2個
パルメザンチーズ 大1
無脂肪牛乳 大2
胡椒 少々
 トマト 適量
  1. 食パンをトースターで焼く。
  2. ささみローストを電子レンジ30秒ほど温め、食べやすい大きさに切る。
  3. 卵・パルメザンチーズ・牛乳・胡椒を合わせ、フライパンでスクランブルエッグを作る。(半熟状にする。)
  4. 1の上にレタスと3と2を乗せ、切ったトマトを乗せる。

☆レシピ監修

(財)日本ラグビーフットボール協会セブンズアカデミー栄養アドバイザー

河谷 彰子(かわたに あきこ) 

[経歴]

日本女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業


筑波大学大学院体育研究科コーチ学専攻卒業


現在、フリーの管理栄養士として、(財)日本ラグビーフットボール協会、セブンズアカデミー栄養アドバイザー、慶應義塾大学非常勤講師、さくら整形外科クリニック管理栄養士、その他、プロアスリートからジュニアアスリートをサポート中。 

スペシャルコラム

勝てるアスリートの食事学
トップアスリートに聞く食事学

 簡単レシピ集

商品情報・商品購入