ささみハム炒飯

ささみハム炒飯

ポイント>>>>>

あらかじめご飯と卵を合わせておくことで、卵がご飯をコーティングしてパラパラ炒飯が出来上がります。

たくさんの野菜を加えているため、ボリュームの割に、エネルギー量が抑えられている炒飯です。

白米と玄米を比較すると、下記の通りビタミンB群と食物繊維に大きな違いがあります。特にビタミンB1・2は代謝の潤滑油になるため、運動量の多い方には特に積極的にとっておきたいビタミンです。

さらに、玄米は食物繊維を豊富に含むため腹持ちが良いご飯です。食事量を抑えたい時のご飯は玄米が最適です。

栄養成分
エネルギー 493Kcal
タンパク質 31.3g
脂質 11.1g
炭水化物 65.9g
塩分相当量 2.0g

材料(1人分) 作り方

玄米入りご飯 150g
ささみハム 7枚
ミックスベジタブル 50g
 エリンギ 30g

 卵 1個

 醤油・胡椒 少々

 オリーブオイル 小さじ1

  1. ハム・エリンギを1cmの角切りにする。
  2. ご飯と溶き卵を合わせて、混ぜる。
  3. テフロン加工のフライパンに1とミックスベジタブルを入れ、炒める。
  4. オリーブオイルを加え、2を加えて炒め合わせる。
  5. 醤油・胡椒で味を調える。

☆レシピ監修

(財)日本ラグビーフットボール協会セブンズアカデミー栄養アドバイザー

河谷 彰子(かわたに あきこ) 

[経歴]

日本女子大学家政学部食物学科管理栄養士専攻卒業


筑波大学大学院体育研究科コーチ学専攻卒業


現在、フリーの管理栄養士として、(財)日本ラグビーフットボール協会、セブンズアカデミー栄養アドバイザー、慶應義塾大学非常勤講師、さくら整形外科クリニック管理栄養士、その他、プロアスリートからジュニアアスリートをサポート中。 

スペシャルコラム

勝てるアスリートの食事学
トップアスリートに聞く食事学

 簡単レシピ集

商品情報・商品購入